Home » 動脈硬化検査

動脈硬化検査

動脈硬化検査

動脈硬化検査

検査の内容

心電図、血圧など多角的な測定を一度に行い、動脈硬化の診断を行います。

動脈硬化検査でわかる疾病

動脈硬化により引き起こされる虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞) や脳血管障害 (脳卒中、ラクナ梗塞も含む脳梗塞、脳血栓、脳出血、クモ膜下出血、下肢閉塞性動脈硬化症など) の予防・早期発見が目的です。

動脈硬化とは

動脈硬化とは動脈血管壁にコレステロール等の脂質が沈着し、血管の細胞が増殖したりして、血管が弾力を失い、硬化するとともに、内腔が狭くなる(狭窄)状態です。

次のような危険因子を多く持つ人は、動脈硬化がより起こりやすいといわれています。
(1)高血圧 (2)血清脂質の異常 (3)喫煙 (4)糖尿病 (5)肥満など

動脈硬化の進行を放置すると…

狭心症、心筋梗塞
心臓に酸素や栄養を供給している冠動脈に起きれば狭心症、心筋梗塞
脳の血管がもろくなれば脳出血、詰まれば脳梗塞
足の動脈に起れば下肢の壊死につながる可能性があります。

折笠クリニックのご案内

Copyright(c) 2012 折笠クリニック 医療法人 秀和会 All Rights Reserved.