Home » 胃カメラ検査

胃カメラ検査

内視鏡検査(胃カメラなど)について

当クリニックで行っている内視鏡検査
  • 口から行う経口胃カメラ検査(経口内視鏡検査)
  • 鼻から行う経鼻胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査)
  • 大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)
胃カメラ検査の意義

逆流性食道炎(胃食道逆流症)、食道・胃の癌の早期発見及び胃・十二指腸潰瘍の発見が目的です。

大腸カメラ検査(大腸内視鏡検査)の意義

大腸癌や潰瘍性大腸炎などの早期発見が目的です。

鼻から行う胃カメラ検査(食道・胃・十二指腸の経鼻内視鏡検査)

患者様に負担の少ない検査を提供するため鼻から行う胃カメラ検査(経鼻内視鏡検査)を導入しました。

経鼻内視鏡検査とは?

従来の胃カメラ検査では、口から入れて食道・胃・十二指腸を検査していました。経鼻内視鏡検査では、鼻を麻酔して鼻から挿入します。この方法では、「ゲェー」とくる咽頭反射が少ないため、非常に楽に検査を受けることができます。

経鼻内視鏡検査の内容

内視鏡は、鼻にスムーズに挿入できる、太細ささが約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔を使用する必要はありません。内視鏡が舌のつけ根を通らず、喉(のど)を触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じず検査を受けることができます。また、検査中の医師との会話が可能です。質問をしたい時や気分を告げたい時、医師と自由にお話ができるので安心です。

鼻からの内視鏡の流れ。
検査前日

夕食は軽めに摂り、21時以降の飲食(水は除く)は避け、早めの就寝を心掛けましょう。※採血等の事前検査が必要な場合もあります。

検査当日の朝

飲食(水を除く)、喫煙、薬の摂取は避けてください。※常用薬を服用されている方は、事前に医師にご相談ください。

検査前の準備

胃の中をきれいにするため、白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。

鼻の麻酔

検査室に移動後、鼻の中に麻酔をします。

内視鏡検査

医師がモニターに映るおなかの中をすみずみまで観察します。検査時間は3~10分程度です。

検査後

検査が終わったら身支度を整え、少し休んでください。気分や体調が優れないときは、すぐに医師に伝えましょう。

当クリニックでは個々の患者様の病態、状況に応じてベストな検査、治療の選択をしています。患者様の容態によっては経鼻内視鏡検査が受けられないケースもございますのでご了承下さい。詳しくは診察時に担当医師にご相談ください。

折笠クリニックのご案内

Copyright(c) 2012 折笠クリニック 医療法人 秀和会 All Rights Reserved.